ボニーラッシュの体験から学んだ、絶対損する!効果がなくなる使い方って?

「え?それ化粧してんの?」と言われた経験ってありませんか?

奥二重・薄い顔の私にとって、アイライン・マスカラは必需品。だけど、元のまつ毛自体がやせ細っていると、どれだけ頑張ってもなかなかばっちりお目目にはなれません。

そんな私が注目したのは、夜に1回たった1分使用するだけで、ダレノガレ明美さん並みの美まつ毛が手に入れるかも!?と噂されるボニーラッシュです。

1日1回1分で美まつ毛という言葉に惹かれて体験してみましたが、ただ普通に使うだけでは、納得のいく効果は感じられないんです。

あやうくタンスの肥やしになってしまいそうだったボニーラッシュが、必需品アイテムに変身するきっかけになった使い方のコツや注意点を教えちゃいます!

ボニーラッシュを体験してわかったNGな使い方

ボニーラッシュの使い方はとても簡単で1日1回たった3ステップで完了します!

<基本的な使い方>

  1. まつ毛の生え際に美容液をつけて伸ばす
  2. まつ毛の根元から毛先に向かって優しく塗る
  3. 下まつ毛はチップの先端を使って根元まで塗る

あまりにも簡単ステップだから説明書を見なくても使えちゃうほどですよね。

実を言うと、私も最初にぱぱっと使い方を見ただけで「簡単簡単♪」とボニーラッシュを使っていました。
ですが、簡単だからこそやってしまいがちなNGな使い方があったのです。

塗り方や塗るタイミングが違う

夜に使う美容液のボニーラッシュですが、使うタイミングはお風呂上りがベストです。

ここでやってしまいがちなNG行為が、化粧水・乳液などの後につけてしまうことです。

私は幼少期からアトピーもちだったため、お風呂あがりは急いで化粧水をつけないとすぐに肌が乾燥してしまいます。
なので、いつもお風呂上りはスキンケアをして、その後でボニーラッシュを使っていたんですが、実はこれがNG行為だったのです!

ボニーラッシュより先にスキンケアを行ってしまうと、他の液体と成分が混じってしまったり、油分がボニーラッシュの成分をはじいてしまったりする恐れがあります。

そのためボニーラッシュは洗顔後、1番に使用するようにしましょう。

肌の乾燥がひどいからどうしてもスキンケアを先にしたい!そんな人は目元だけ避けてスキンケアを行う方法でもOKです。
ただしボニーラッシュが乾いた後で、再度目元のスキンケアを行うのを忘れないようにしましょう。

また基本は夜の使用のみでいいですが、朝も使用することでより効果をアップさせられます。

塗る量が適切じゃない

ボニーラッシュには明確な目安量というものが存在しません。
チップで塗るタイプなので当然ですよね。

ボニーラッシュは初回1,980円で購入できるといっても、定価は1本が6,980円!
家計を握る主婦としては、ついつい大事に大事に…と思うあまりケチケチつかってしまいがちです。

ですがこれもNG行為!

きちんと効果を出すためにも、まつげ1本につき1回つけるを目標に、しっかり丁寧につけるようにしましょう。

ただし早く効果を出したいために何度もつけてしまうと、液が目に入ったりまぶたが荒れたりするなどのトラブルに繋がります。
セレブ気分でつけすぎるのも、注意するようにしましょう。

塗る場所に問題がある

まつ毛用美容液は先端がブラシになっていることが多いのですが、ボニーラッシュはチップが採用されています。

液だれを防止するフロッキーチップに加え、さまざまな形にフィットするスパチュラを使うことで、まつ毛1本1本にムラなくつけることができます。

この1本1本というところが、実は大きなポイントです。

公式サイトには1日1回1分で塗れる!という宣伝がありますが、より効果を出したいのであれば時間をかけてじっくり塗ることをおすすめします。

私は最初マスカラを塗るときのように、まつ毛の下にボニーラッシュをあてて全体的にざっくり塗っていたんですが、これはNG行為。
一度に全体的につけるのではなく、目の中央・目頭・目尻と最低でも3箇所に分けて細かくつけていくようにしましょう。

1本1本上からなでるようにつけ、塗る場所によってチップの角度を変えて、根本からしっかり塗ることで、より効果を実感できます。

「1分じゃ終わらないじゃん!」と思うかもしれませんが、美に近道はありません。
慣れてくると丁寧になおかつ早くつけることもできるので、最初はじっくり丁寧につける練習をしていきましょう。

ボニーラッシュの体験で気づいた注意点

実際にボニーラッシュを体験して気づいた注意点をまとめてみました。

これからボニーラッシュを使う人も、もうすでに使っている人もこのポイントに気を付けると、よりキレイなまつ毛に近づけますよ。

アイラインの使用は控えよう

ボニーラッシュは夜に使うまつ毛用の美容液ですから、日中のメイクには何も影響しません。
むしろマスカラの前に使用することで、マスカラ下地としての効果も期待できます。

そのため、アイラインもマスカラも普段通り使って問題ないのですが、濃いアイメイクはどうしても落とす時に負担をかけてしまいがちです。

いくらボニーラッシュで毎日ケアしていても、界面活性剤を豊富に含んだクレンジングで毎日擦っていては、せっかくのケアも効果が半減してしまいます。

アイラインが生きがい!無しなんて考えられない!!と思う人には辛いかもしれませんが、少しでも外的刺激による負担を減らすことが大切です。

ボニーラッシュの効果を実感しやすくなるため、落とすのに刺激のかかるアイラインの使用頻度は控えるようにしましょう。

毎日かかさず3ヶ月は続けよう

肌にターンオーバーと呼ばれる周期があるように、まつ毛や髪の毛にも生え変わりの周期があります。

毛周期(もうしゅうき)と呼ばれるもので、個人差はあるものの早い人で3ヶ月・長い人だと半年前後でまつ毛も生え変わっているのです。

いくら高濃度美容成分配合といっても、魔法のように塗ってすぐまつ毛が濃くなる!なんて奇跡は起きません。

結果を急がず、毎日の丁寧なケアを続けることが大切です。

ボニーラッシュを体験したいなら最安値の公式サイトがおすすめ

ボニーラッシュを実際に体験してみたい!だけど、どこで購入すればいいのかわからない…そんな人におすすめなのが公式サイトの簡単ラクトクコースです。

ラクトクコースって何?初回71%OFFの秘密!

ラクトクコースはボニーラッシュを発売するFABIUSがおすすめしている定期コースで、登録すると初回は71%OFFの1,980円(税抜)で体験できます。

2回目以降は14%OFFの5,980円(税抜)、初回を含め最低4回の受け取りが必要となる定期コースですが、どこよりも安くボニーラッシュを試せるため、おすすめです。

こういった商品は、私のように最初は必死で使っていても、すぐに効果が出ないことでいつの間にか使うのを忘れていた…という人が多いのが現状です。

化粧水や乳液と違い、使い忘れたからといって肌が乾燥したりしないため、使い忘れていることに気づきずらいんですよね。

ですが使い続けることがなによりも重要ですから、毎月自動的に商品が送られてくる定期コースを利用することで、使い忘れや途中離脱を防げます。

まとめ

ボニーラッシュを体験してみて感じたのは、使い方が簡単な分、丁寧に正しく使えるかどうかが重要だということでした。

私のように適当にパパっと塗っていては、本来の効果がでず、出費に対して損をしてしまう結果にもなりかねません。

1日1回1分というのはウソではありませんが、もっと効果を出したいのであれば1日1回5分くらいかける気持ちでスタートしましょう。

丁寧なケアを続けて、アイライン、ビューラーいらずの美まつ毛を目指してみませんか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ボニーラッシュは効果なし!と思う前に。知らないと損する正しい使い方

NO IMAGE

ボニーラッシュの副作用で目が○○に!トラブルを避ける正しい使い方とは?

NO IMAGE

ボニーラッシュの通販は類似品に注意!賢くおトクに手に入れる方法を伝授!

NO IMAGE

【衝撃】ボニーラッシュの成分一覧にまつ育4大成分が入っていない件